大人用おむつ

大人用おむつの種類と選び方について

老夫婦

大人用おむつには、いくつかの種類があります。少しでも快適に過ごせるように、おむつの種類と組み合わせで選びます。大人用おむつを使用する人の希望や、寝たきりなのか動けるかなどの介護の状態、短時間か長時間なのか、介護する側の希望も踏まえて選びましょう。
介助も必要なくまだまだ元気だけど少しだけトイレに間に合わないという人には、下着につけられる尿とりパッドがおすすめです。介助が必要な方には外側につけるおむつと、おむつの中につけるパッドを使います。
まずは外側につけるおむつで、パンツタイプかテープタイプかを決めます。パンツタイプはトイレに介助が必要であってもトイレに行ける方に適しています。テープタイプは赤ちゃんのおむつのような感じで、寝たきりの方や、トイレに行けない方に適しています。次は外側につけるおむつの中につけるパッドを決めます。パンツタイプ用とテープタイプ用があり、それぞれに適した形になっています。パッドの大きさにより、夜間などに使える長時間安心なものもあります。おむつにパッドを付けることで、おむつまで汚れなければ内側のパッドのみの交換で済みます。おむつをトイレのたびに交換しなくてもいいので、つけている本人も介護する人も負担が減ります。
大人用おむつは様々な組み合わせがあるので、その人の症状や介護する人の都合に合わせて選ぶことが大事で、それによって快適に生活することができます。

大人用紙おむつは色々ある

大人用おむつは、色々な種類がそろっています。理由は、大人用おむつが必要な理由が人それぞれ違うからです。寝たきりや病気の後、手術をしたなどで、紙おむつでの排泄になるになる人には、しっかりと吸収力があるタイプの紙おむつが必要になります。
しかし、介助があればトイレでの排泄が可能な人には、念のために紙おむつをしていることもあります。また夜だけ心配な場合、普段は大丈夫でもトイレが近く外出時に着用したいなど用途は様々です。
赤ちゃん用おむつは、テープタイプとパンツタイプがあり、サイズがそろっていますが、大人用おむつはもっと分かれています。吸収力の差が出て来るからです。紙おむつだけでは心配な方には、尿取りパットも用意されています。重ねておくことで、紙おむつからはみ出さないようになります。使用者本人も、介護者も安心して使うことができます。洋服やベッドを汚す心配が少なくなるので、交換が減ります。夜中も心配なく眠ることができます。
紙おむつは、尿意がある人と尿意がわからない人では必要性が変わってきます。しかし、紙おむつがあることで安心して生活ができるようになります。トイレのことばかり心配しなくてもいいので、他のことにも楽しむ余裕ができるからです。

大人用紙おむつは高くてかさばる

大人用おむつは赤ちゃん用に比べると、金額が高くなります。大きさや吸収率が上がるためです。しかし、おむつが必要な方にとってはとても大切なものです。大人のおしっこの量は多く、漏れてしまうと後始末が大変です。大人用おむつは大きな役目を果たしてくれます。
残念ながら、1枚おむつをしていれば大丈夫というわけではありません。おしっこの量が多いと、夜間は漏れてしまう恐れがあります。またおむつと肌の間に隙間ができたり、洋服や肌着がおむつの中に入ったりしてしまうと、漏れの原因になります。おむつと肌の間の空間を作らないためにも、尿取りパットが必要です。
大人用おむつは、大きいのでかさばります。また重くなります。ドラッグストアでは、まとめて買うと配達してくれるところもあります。大人用おむつは、サイズが変わることはないので、大量買いをしても困ることはありません。買いに行くのが大変な高齢者や、車の運転ができない方に便利なサービスです。
ドラッグストアには、いろいろな種類のおむつが売っています。見本を置いている店もたくさんあるので、どれがあっているか手に取って見られるのも便利です。介護が必要な方は、テープ式のおむつが便利です。


年をとるとおむつが必要になってくる場合もあります。そこで便利なのが大人用のおむつなのです。大人用のおむつはお年寄りが使いやすいように様々な工夫がされているので、とても使い勝手が良いですよ。

Contents

TOP